今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

復縁成功率の高いルートとは

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

復縁に至る道にはいくつかのルートがあります。

ゴールはよりを戻すこと、つまり復縁です。

ゴールに至るためにどのルートを通ってもいいのですが、もちろん大前提としてゴールまでの道を間違わないようにする必要はあります。ゴールにたどり着けないルートは通ってはいけません。

ゴールにたどり着くべき道は最初にいくつかしっかり見極めておき、そのあと道筋を選択します。

 

Aルート:復縁成功率 80%

Bルート:復縁成功率 50%

Cルート:復縁成功率 10%

 

さあ、あなたはどのルートを選択しますか?

おそらくこの三つのルートを提示されたら、100人中99人は、Aを選択するのではないでしょうか。

残りの1人は、裏を読みすぎている人か、ある種なんらかのこだわりのある人です。時にそうしたマイノリティ(少数派)の選択が正解をつかむこともあるので、一概に1人だけ違う選択をしたことを責めることはできません。ただし、この場面ではBやCを選ぶのは正解とはいいにくいところです。

 

では、条件をもう少し、厳しくしてみます。

 

Aルート:復縁成功率 80% 費用負担:高

Bルート:復縁成功率 50% 費用負担:中

Cルート:復縁成功率 10% 費用負担:なし

 

この条件ならどうでしょうか。

成功率は高い方がいいけれども、金銭的負担は少ない方がいいと考えるはずです。高い費用負担を嫌って、間をとってBルートを選択する人も、このパターンでは増えるかもしれません。

しかしこのケースでも、本当に復縁を願うならBやCは正解とは言えません。やはり、Aを選択するべきです。

 

例えば、BやCを選択して、もし復縁に失敗した場合、モチベーションが極限まで低下し、仕事をする気もおきなくなる可能性があります。

生産性は限りなく落ち、場合によっては仕事自体辞めてしまいたくなる可能性もあります。そうなってしまっては、本当に多少の費用負担どころの話ではありません。

 

さらに、復縁に失敗するということは、改めて新しい出会いを探したり、いい人が見つかれば告白をしたり付き合ったりと、恋愛関係を改めて一から作り上げていく必要が出てくるのです。

そういう過程を経てある程度成熟した関係に至るまでの費用負担と精神的負担がどれほどか、容易に想像できると思います。

Aを選択するにあたっての費用負担が、実に小さなものだということが理解できると思います。

間違っても、BやCのルートを選択してはいけません。

選択するべきは、費用云々は完全に度外視してでも、確実性が最も高いAルートです。

プロによる復縁への道案内

よりを戻すためには、復縁成功率の高いルートを選択する必要があるということは理解できたのではないでしょうか。

では、その成功率の高い道を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。

 

素人目線でどの道が正解なのかを眺めても、実はまったくわからないことがほとんどだと思います。

どれを選択しても間違いのような気もするし、どれも正しくも見える。あなたは今、そんな五里霧中の状態ではないでしょうか。

そんな状態のまま前に進み、「よりを戻したい、元に戻りたい」と無鉄砲に元恋人にアタックしても、逆に関係は悪化するばかりです。そんなことをしては、完全に二人の関係は壊れてしまいます。

 

そんなとき、頼りになるのが復縁のプロによる道案内です。

プロに頼るということは、多少なりともお金がかかることが一般的です。費用負担があるというのは、そういうことです。

プロに頼れば、それになりの費用負担はどうしても発生します。しかし、それに見合った確実性の高いよりを戻すための道案内をしてくれます。

逆に言えば、費用負担がない「自称プロ」の道案内は信頼性が低く、本当にゴールへ連れていってくれるのかという不安が大きいと言えるのです。袋小路へ連れていかれないとも限りません。

実績と経験があるプロこそが、信頼に値するといえます。そんな中での多少の費用負担は安いものだと考えるべきです。

そしてこの一歩を踏み出せるかどうかで、あなたの未来は180度変わってしまうかもしれないのです。

 

そこで私がお勧めするのが復縁のプロが提供する「7つのステップ復縁方法」です。

数多くの復縁したい人たちを救い出してくれた、信頼と実績がある成功マニュアルです。

 

確実な方法で復縁を成し遂げ、以前と変わらない幸せな生活を取り戻すために、7ステップを手順通り行っていきましょう。

 

7つのステップ復縁方法(男性版)

7つのステップ復縁方法(女性版)

 

 

 - よりを戻すために