今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れた後にLINEで返事がこない・既読スルーとブロックをされたら

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEの普及と新たな問題

ひと昔前までは、恋人との連絡手段の主流は「メール」でしたが、2015年現在、スマートフォンやiPhoneが広く普及し、それに伴い「LINE」がメールに変わるメッセージツールの主役となりました。

手軽に利用でき、あたかも会話をしているような「トーク」の流れの中でやりとりができるため、LINEは爆発的に日本中に普及しました。

そして、LINEが普及すると同時に、LINEの恋愛利用の中で浮き上がってきた新たな問題が、「メール受信拒否」に変わる「ブロック」と「既読スルー」です。

 

※既読スルーとは

LINEでメッセージを相手に送った場合、相手がそのメッセージをトーク画面内で確認すると、メッセージ送信側に「既読」というマークがつき、受信側がメッセージを確認した事実が送信側に伝わるのです。

送信側からすると、メッセージが既読になるということは相手がメッセージを確認したということなので、早めの返信を期待してしまうわけです。にも関わらずなかなか返事が来ないと「既読スルー」、つまり「既に読んだにも関わらず返信してくれない状態」、ということになります。

この「既読スルー」は子供のLINE利用などでも問題になっており、メッセージを確認したらすぐに返答しないと、相手を不愉快な思いにさせてしまうという強迫観念に駆られてしまう場合も出てきます。

別れたあとに、LINEのメッセージを送っても返事が来なくなるのは、ある程度仕方がないことです。

相手はあなたとの関係を断ち切りたくて別れを告げてきたのですから、いつまでもLINEでのコミュニケーションに付き合ってくれると考える方が間違いです。

稀に、別れたあとも「LINE程度の付き合いなら」と引き続き返事をくれる人もいますが、こうしたケースはかなり少数と思われます。そしてそれは、二人の別れ方にもよります。

 

既読スルーからブロックへ

こちらからメッセージを送れば、相手は気になってそれを見たりすることもあるでしょう。

そうすると、こちらから送ったメッセージに「既読」が付くので、少なくとも相手がこちらのメッセージを確認してくれた、ということはわかります。しかしそれに対して返事がくる可能性は、別れた後はかなり低いものと思っていた方がいいでしょう。

そして、既読スルーを何度も繰り返されると、どんどん返事をくれないことに対する不満がたまっていきます。

「メッセージを読んでいるなら返事の一つや二つ返してくれたっていいではないか」。

そんな感情がやがて生まれてくると思われます。

そしてその不満がメッセージの文面にかすかにでも反映されてしまったら。

その瞬間、既読スルーは「ブロック」に変わります

 

「ブロック」されてしまうと、相手に対してこちらからのメッセージは一切届かなくなります。

そして相手にブロックされているという事実はこちら側にはわからないため、普通にメッセージを送ることが出来るものの、メッセージに対して「既読」が付くことが一切なくなります。なぜならブロックされているとメッセージがすべて相手に届かず表示もされないため、既読になりようがないのです。

そしてこのブロックをされてしまうと、いよいよ連絡の手段がなくなってしまいます。

もちろん、LINEをブロックされたとしてもメールや電話もあるのですから、どうにか連絡はとれるかもしれませんが、それにしても、LINEをブロックされる状況そのものが、復縁を目指す人にとってはかなり難しい状況といえます。

できる限り、そこまでされてしまわないように、復縁への手順を間違わないようにしたいところです。

 

もし、自力でよりを戻そうと頑張った末にLINEをブロックされた気配があったら、自力での復縁はとりあえずあきらめるべきです。なぜなら、復縁をするための方向性が間違っていることが明らかであるためです。

復縁は、正しい手順をたどれば成功する確率は劇的に上がるものの、一歩間違うと絶望的に可能性が下がります。

取り返しのつかない状態になる前に、一刻も早く軌道修正を図る手段として、有効な復縁マニュアルの活用を考えましょう。

 

復縁成功率の高いルートとは

よりを戻すための最高の復縁方法

お金をかけずによりを戻す方法とお金がかかる復縁方法

 

 - 復縁のための改善行動