今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

元カノと確実によりを戻せるタイミング

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は元彼女とよりを戻したい男性目線の復縁の話です。

男性が元カノとの関係を修復したいと考えた場合、二つのケースが考えられます。

すなわち、

 

・自分が振った相手との関係を修復したいケース

・自分が振られた相手との関係を修復したいケース

 

どちらが難しいかといえば、当然後者です。

前者の場合、相手がもしあなたに未練を残していれば、実に簡単によりを戻すことができるはずです。ですので、こちらは今回問題にはしません。自己努力でどうにでもなります。

それに比べて復縁を成功させるのが一般的に難しく、悩みも深くなりがちなのが、自分が振られた側であり、それでももう一度やり直したいと考えているケースです。

 

お互い愛し合っていたはずなのに、別れを突き付けられてしまった、ということは、それ相応の原因があるはずです。

例えば経済的な問題なのか、性格的な問題なのか、生理的な問題なのか。

細かく考えていくと、多種多様な原因が考えられるでしょう。主要な別れの原因をある程度把握することができれば、それだけでもかなり復縁には有利になります。

復縁の可能性が最も高くなるタイミング

ただ、そうした細かい別れの原因や今後に向けての改善策などはすべて横において、とりあえず元カノとかなりの確率で復縁を成功させることができる、奇跡のようなタイミングが存在します。

 

そのタイミングとは、一言でいうと、元カノが結婚を強く意識し始めるタイミングです。

 

個人差はあるにせよ、女性には結婚を強く意識するタイミングが人生の中で何度か存在します。

大きく分けると、一般的に20代前半、そして20代中頃、さらに30歳目前です。30歳を超えると女性は、慢性的な結婚に対する「焦り」を感じ始めますが、ある一定レベルを超えると諦めの境地に入ってしまいます。

そしてこの年齢的なタイミングとは別に、知人の結婚式に出席した時や、友人が子供を産んだ時なども結婚を意識しやすいようです。

 

復縁をうまく進めるためには、相手の気持ちの変化に乗じることで成功の確率を上げることが出来ます。元カノの結婚への意識が変わり始めたと感じることができたなら、そこが復縁のチャンスです。一気に攻めの姿勢へと転じやすくなります。

 

ただもちろん、タイミングには個人差がり、30代目前だったとしても、あまり焦りを感じていない女性も存在します。

そのため、理想としては元カノの気持ちの変化を感じ取れるポジション、つまり「別れはしたけれども相談相手としてのポジションを維持している状態」が最も復縁にとっては理想的です。(※参考:「相談相手という新しいポジションを受け入れる」)

 

元カノの気持ちが盛り上がっていないのに復縁を持ちかけても、まずうまくいくことはありませんので、いかに気持ちを再び盛り上げて「この人ともう一度やり直したい」というところまで持っていくかが成功の可否を握っています。

 

結婚したいなと思わせる

元カノの友人があなたの協力者であるような場合には、人為的に復縁への最良のタイミングを作り出す方法もあります。

今はどんな結婚式場でも、結婚を疑似体験できるブライダルフェアを実施しています。

結婚式で実際に出される料理を無料で試食できる式場などもあるため、そういうフェアに元カノを連れていってもらうように頼みます。

こうしたブライダルフェアは、来場者に結婚への意識を高めてもらいたいという意図があるため、かなりレベルの高い演出で出迎えてくれます。

結婚に元々興味がなかった人でも、「結婚っていいな」「結婚したいな」と思わせるような演出の数々で、元カノの気持ちを盛り上げてくれることは間違いありません。

そうすることで、結婚に対して意識し始めた元カノは、復縁に対しても前向きに考えてくれやすくなるわけです。

 

この方法は、元カノのかなり身近に協力者がいないとなかなか難しい方法ではありますが、もしそんな協力者が存在する恵まれた環境にいるのであれば、復縁の成功率はより高まるといっていいでしょう。

 

SNSを情報収集に活用する

他にも、元カノのFacebookやTwitterなど、SNSを閲覧できる環境にあるのであれば、結婚への意識を感じさせる内容がないか、チェックしておくこともできます。それによって復縁を実行に移すタイミングをしっかり見極めることができます。

もちろん、閲覧しているという事実が相手に伝わらないように、コメントなどはしないようにしましょう。

 

ただし、感情のセルフコントロールがうまくできない人は、元カノのSNSを閲覧することは精神衛生上あまりよくないので、そこは自分の性格と感情の動き、嫉妬の強さなどを考慮して判断しましょう。

SNSを閲覧していて苦しくて仕方がなくなり、無茶な行動をするくらいなら、一切見ない方がいいです。よりを戻すためにはマイナスにしかなりません。

 

仕上げはソフトランディングで

うまくよりを戻すためのタイミングをつかむことができたなら、あとは復縁への正しい道筋をたどるだけです。

しかしここで焦らないように注意しましょう。

迂闊な行動をとり、焦らなければ復縁できていたはずのところで、結果としてすべてを台無しにしてしまうというケースが最も多いのです。

 

例えば飛行機を考えてみましょう。空中を安定して飛んでいたとしても、着陸に失敗してしまえば何の意味もないのです。

できる限りソフトランディング(軟着陸)できるように、確実なマニュアルに沿って最後の仕上げを成し遂げたいところです。

次は具体的な最後の仕上げについて考えます。

 

よりを戻すための最高の復縁方法

 

 

 - 復縁のための改善行動