今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

LINEもメールも復縁には役に立たない?

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEやメールでの復縁

世の中には様々な復縁方法が各所で紹介されていますが、LINEやメールを使って復縁を成し遂げる方法、というものも存在しているようです。

そんな方法があるならぜひ私も活用してみたかったところですが、実際その方法が有効なのかは、私は試したことがないのでわかりません。

しかし常識的に考えて、LINEやメールのみでよりを戻すことは、まず不可能ではないかと思われます。

これは単純に表現の仕方の問題かもしれません。

「LINEやメールで復縁する」のではなく、「復縁するためにLINEやメールを活用する」、というのが本当のところではないでしょうか。

LINEやメールが復縁行動において主役になることはありません。

あくまでLINEもメールもメッセージングツールであり、相手にこちらの意思の一部を伝える手段にすぎません。全幅の信頼をおいては、必ず失敗します。

 

メル友・LINE上での相手のイメージ

わかりやすく例を出します。

昔、まだパソコンやケータイが普及し始めだったころ、「メール友達」いわゆる「メル友」という言葉が流行った時期がありました。今ならLINE友達でしょうか。

その当時は見知らぬ他人と文章のみでやりとりをするという文化自体、手紙以外には存在しなかったので、新しいコミュニケーションである「メル友」に多くの人が夢中になりました。

その結果、気の合う「メル友」とリアルでも会ってみたいと思う人が増え、実際に会う約束をして「メールからの出会い」を実践する人が激増したのです。

 

しかしここで、数多くの人が夢破れ現実を思い知りました。

すなわち、メールでやりとりをしていた時の印象と、実際会った時の印象の乖離についていけなかったのです。

 

「イメージ違ったな・・・」「もっとかわいい子だと思ってた」「メールでは優しくて気が利く人だと思ったのに」などなど。

 

つまり、文字から相手に意思や性格や自分の感情を伝えるのは至難の業なのです。

 

復縁するために、どんなにメールやLINEで「昔と変わった」ということをアピールできたとしても、結果として会ってみたら何も変わっていなかった、ということでは元の木阿弥です。

 

そして現代の人々は既にメールやLINEなどの文字によるコミュニケーションに慣れ、そこから受け取る印象と現実の違いに多くの人が気づいています。そのため、LINEやメールの情報をうのみにしません。

「とりあえずLINEやメールのメッセージを受け止めて、話はそれから」。こうなります。

 

復縁におけるLINEやメールの重要性とは

しかし、だからといってLINEやメールが復縁の役に立たないということではありません。

ポイントポイントで、LINEやメールでの連絡は必ず必要になるときがきます。そのときにどういう文面で相手にメッセージを送るのか、ここが非常に重要なのです。

 

これを失敗すると、次のステップで実際に会ってからの動きもうまくいかなくなる可能性すらあります。

 

だからこそ、全幅の信頼をおくわけではないけれど、失敗するわけにもいかないLINEやメールによるメッセージは、気を抜くことができない復縁における一つのポイントでもあるのです。

 

そうしたLINEやメールを活用するときの方法も、プロによる復縁への7ステップがしっかり教えてくれます。

決して失敗することができない復縁へのメールやLINE。その内容を自分で考えるのかプロのマニュアルに沿って動くのかで結果が大きく変わってきますので、よく考えて確率が高い方法でしっかり行動しましょう。

 

よりを戻すための最高の復縁方法

 

 

 - 復縁のための改善行動