今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れた後に送られてくるLINEメッセージやメールの意味とは

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

袋小路への誘い

別れてしまったあとに、完全にあきらめて次の恋を模索しはじめていたときに限って送られてくる、元カノや元カレからのLINEやメール。

そんな経験はないでしょうか。

 

なぜ今さら?

別れを言い出したのはそっちだったよね?

一体何の用なの??

そう理不尽に思う気持ちも当然あるでしょうが、未練があれば連絡が相手から来たことに対してどうしてもうれしい気持ちもよみがえり、非常に複雑な心理状態に陥ってしまいます。

完全に割り切ったはずのところで、ぐっと心を引き戻され、「もしかして復縁もあるのか?」「まだ可能性が?」などと考え始めると、立ち直りかけた心は完全に振り出しに戻ってしまいます。

もともと復縁に向けてあえて距離をとっている期間だったとしても、そんなメールやLINEが送られてきてしまうと、どうしても返答せざるを得なくなってしまいます。

そうすると、わざわざ苦しい気持ちを抑えて距離をおいていたのが水の泡です。

そもそもそんな、忘れたころ、ようやく落ち着いたころに別れを切り出した側から送られてくるメールやLINEなどの連絡にはどういう意味があるのでしょうか。

 

もしその突然の連絡が、相手から「よりを戻したい」、「復縁を考えている」というような内容であれば、これはもちろん別れを告げられた側からすれば大歓迎なわけですが、多くの場合にそういう理由での連絡ではないことがほとんどです。

自分から別れを告げた相手に対して、復縁を考えていないのに連絡をするというのは基本的にルール違反と言える行為でもありますが、それを知ってか知らずか、突然振った側から連絡してくるケースは少なくありません。

 

男性(元カレ)か、女性(元カノ)か

そして、連絡をしてきた側が女性なのか男性なのかで、この場合の突然の連絡の意図は大きく異なります。

あなたが男性で、別れを告げた後に突然メールやLINEを送ってきたのが女性なのであれば、その連絡の意図は、「本当に何の気なく暇な時間に友達に送る感覚で送った」、という可能性が挙げられます。

ほかに、「純粋に用事があった」という可能性が一つ。

そして「恋愛をする気は全くないけれど、異性の友達としてキープしておきたい」という意図がある可能性などに分かれます。

 

逆に、あなたが女性で、連絡をしてきたのが男性なのであれば、やり直す気はないものの、性的欲求、つまり「やりたい」という下心から連絡してきた可能性が高く、この場合、「都合のいい関係を築きたい」という思いもあるかもしれません。

ほかの可能性としては、多くの異性にもてる自分に酔いたいというようなケースもあるかもしれませんが、男性の場合は往々にして下心からの連絡であるケースがほとんどではないかと思われます。

 

相手からの連絡を復縁のために逆手に取る

では、こうした突然の連絡への対応は、どのようにするのが正解なのでしょうか。

基本的には、あなたの目的として「よりを戻したい」という強く明確な気持ちが存在しているため、そこに至るために正解と思われる選択肢を拾っていく必要があります。

 

もしあなたが男性で相手が女性の場合、復縁を成し遂げるためには、自分の成長度合いをアピールしていく必要があるため、たとえただの友達としてでも連絡が取れる状態に関係を戻しておくのはありかもしれません。

少なくとも向こうから連絡があるということは嫌われているわけではないので、冷却期間をおいて相手の悪いイメージを薄めるという必要がありません。

いいイメージを膨らませて、「やっぱりこの人いいな」と思わせる努力が必須です。

 

逆にもしあなたが女性で相手が男性の場合、あなたが誘惑に負けてたまに会ってしまったりすると、それこそ「都合のいい存在」になり果ててしまい、本命に返り咲くことは難しくなります

そこで、よほど真剣にやり直したいと相手が思うまでは、応じてはいけません。

「あいつは自分に未練があるからいつでも手に入る」と思っていた相手から拒否されると、手に入らないという現実に直面してあなたに対する気持ちが変化する可能性があります。

「真剣にならないと手に入らない」とわからせる必要があるのです。

このケースでよくありがちな「二番目でもいい」という気持ちは捨てなければいけません。それこそ本当に生涯「二番目の存在」になってしまいます。

 

それぞれ一般的なケースを考察してみましたが、実際のメールやLINEでは、様々な理由で元恋人から連絡が入ることがあります。

一つ一つ、状況が違えば対応方法も変わりますし、どういう態度で接するのが正解なのかもかわります。

だからこそ、自分一人で考える復縁は失敗の確率が高いのです。

復縁とは、様々なケースに対応することができる成功マニュアルを参考にしながら行わなければ、正しく成功に導くことが非常に難しいという現実を理解する必要があります。

失敗するリスクを少しでも減らし、復縁成功率の高いルートをしっかり見極めて対応していきましょう。

 

復縁成功率の高いルートとは

 

 

 - 復縁のための改善行動