今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

執着が残るのは、「この人以上は現れない」という思い

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分にはこの人しかいない

別れた時に、どうしても強い執着が残ってしまうのは、

 

「この人以上に自分に合う人はもう今後現れることはないだろう」

「仮に現れたとしても自分のことを好きになってくれることはないだろう」

 

という自信のなさが原因になっていることが多いようです。

「この人を逃したら自分は結婚できない」と考えている結婚願望が強い人が、その相手に別れを切り出されてしまったら、どうしても別れたくない、復縁したいと考えるのは自然なことです。

「自分にはこの人しかいない」、と感じたなら、追わないわけにはいきません。

過去の恋愛は振り返らない

逆に別れたとしても執着があまり強くないケースとしては、「次にもっといい相手がみつかる」とすぐに新しい気持ちに切り替えることができる人、つまりは恋愛に苦手意識がなく、いくらでも次を見つけていくことができるという自信を持っている場合です。

このタイプの人は、終わった恋愛は決して振り返りません。仕方ないと割り切り、次の瞬間には他の異性を探し始めています。

いい意味では切り替えが早く、悪い意味ではドライすぎるところがあるとも言えます。

 

執着が強い人も、切り替えが早い人も、どちらのタイプにもいい面と悪い面とがあるので、どちらの方がいい、ということはできません。

ですが、切り替えが早いケースでは、別れた場合に「復縁したい、よりを戻したいと考えるくらいなら次を探す」、という人が多いため、当サイトに訪れていただいた方はその逆であり、「今まで付き合っていた相手が、自分にとって無二の存在だったため、よりを戻したい」という人が多いのではないでしょうか。

 

唯一無二の存在だからこそ、復縁したい。よりを戻したい。

 

それだけ強い思いがあるのなら、復縁のために相手の望む自分を作り上げていくことだって、できるはずです。努力可能なはずです。

何が悪かったのか、何がダメだったのか、その原因が明確であれば、その点を修正していくことによって、より相手が望む自分に変わっていくことができるはずなのです。それすらできず、自分を変えていくことはできないがよりは戻したい、という希望はまず通りません。

よりを戻そうと思ったら、相手への譲歩と自分の価値の強化は必須です。

 

別れた相手が次の基準になる

あなたが相手のことを、「この人以上の相手は見つからない」と考えているのとは逆に、別れを切り出されたということは、元恋人には「この人よりももっといい人がいるはず」という思いを持たれてしまっている可能性が高いのです。転じて、「この人以下の相手とは付き合えない」ということです。

あなたに別れを告げたということは、あなたが下の基準となっており、その基準を上回る相手を今後探していくという意思表示です。

ということはつまり、その下の基準に据えられた自分自身を、あなたは上回っていく必要があるわけです。つまり、自分磨きによるパワーアップおよび、弱点の強化が必要となってくるということです。

 

そもそも別れを考え決意した段階で、あなたの元恋人としては復縁を視野に入れているということはまずないはずです。復縁しようと考えるくらいなら別れを言い出すことはないと思われるからです。

ということは、別れを決意するくらい強い不満が相手の心には広がっていたわけであり、その不満をすべて払しょくし、かつ下の基準となってしまった自分を必ず上回る存在として以後、相手にアピールをしていく必要があるわけです。

 

よくあるのが、復縁を成し遂げたけれども、また別れたというケースです。

これほどもったいないことはなく、このケースでは与えられたチャンスを生かすことができず、結局相手の不満を解消できず、以前の自分を上回ることができなかったということです。

 

あなたが悪いとは限らない

そもそも恋人同士の別れとは、必ずしもあなたに非があるから訪れるものでもなく、単純に相手の「この人では物足りない」という気持ちだけからでも起こりうるのです。

これは「異性」としての物足りなさであったり、生活をしていく上での物足りなさであったり、将来を見据えた上での物足りなさであったりします。

これが物理的な問題であれば、例えば出世して経済力をつけるとか、ファッションや容姿に気を遣うということで解決できるものもありますが、性格上の問題だとなかなか改善できないこともあります。

 

例を挙げると、女性の意見として「優しすぎて男性らしさを感じられない」というケースです。

男性側の言い分としては、「何も悪いことはしておらず一生懸命優しくして頑張ってきたのになぜ」、となります。女性側の言い分としては「優しいだけではダメ。男性としての強さもほしい」というところです。

この場合、男性としてはまるで納得いかないと思います。ですが、どうしようもない部分でもあります。こういうケースの場合、復縁しても同じことを繰り返してしまう可能性が非常に高いのです。

 

改善策としては、男性側のメンタルを変えていくしかありません。

意識して男らしさを発揮できるような、リーダーシップを身に着けるとか、はきはき力強く話すようにするとか、キャラクター全体を変えていかなければなりません。それでも相手を失いたくないということであれば、それだけの努力が男性側には要求されるわけです。

もしくは、その欠点を補ってあまりあるメリットを持つか、です。欠点を補える強力な武器として、自分が新しく持てると思われるものにはどんなものがあるのか、考えてみましょう。

 

この人以外には考えられないというほどに、大事な相手であるからこそ、自分にできる限りのことをして復縁にチャレンジしていきたいところです。

 

復縁成功率の高いルートとは

 

 

 

 - 別れの原因追及