今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

「無気力・吐き気・辛くて死にたい自殺願望」を乗り越えるための復縁方法

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

死んでしまいたいほど辛い

別れによるダメージの大小は人それぞれですが、胃がキリキリ痛むとか食欲がなくなるとか、涙が止まらないという症状は一般的に多くの人に現れやすいダメージです。

しかしそれらにとどまらず、あまりもショックが大きすぎると、その段階をさらに超えて完全な無気力状態、吐き気、うつ病や統合失調症、そして最悪のケースでは辛さに耐えられず死んだ方がマシだ、という自殺願望状態にまで追い詰められてしまうこともあります。

 

「愛するあの人だけが自分が生きる目的であり意味だったのに」。

 

ここまで思いこんで深く相手を愛していた場合、別れが引き金となって、人生のすべてを清算してしまいたい思いに駆られ、命すら投げ出してしまいかねません。

実際に、自殺者の数パーセントは失恋が原因というデータもあります。失恋から自殺に至るケースも十分あり得るわけです。

本当に自殺をする気はなかったとしても、未遂にするつもりが実際に死に至ってしまうこともあります。間違っても、失恋で「死」を意識してはいけません

 

「死」を選んでしまうほど、大切な人を失った気持ちはよくわかりますが、死ぬよりも先にやるべきことがたくさんあるはずです。いきなり極論を選ばないでください。十分、復縁できる可能性も残されているのに、これからの未来にまだまだ「輝かしい幸せ」が待っているかもしれないのに、なぜ急いで人生に幕を下ろす必要があるのでしょうか。

今現在、あなたがもしそんなところまで追い込まれているようならば、まずは復縁が不可能ではないということを理解し、そして信じましょう。

よりを戻すことは十分可能です。死ぬことを考えれば、たいていの努力はできるはずですし、どんな困難にも立ち向かうことができるのではないでしょうか。そういう強さを、すべて復縁のために向けてしまえばいいのです。

 

そうすれば、復縁はきっと実現できます

絶望の中にこそ存在する希望もあります。

「もう駄目だ」と思う根拠とは

そこまで絶望するということは、当然復縁は不可能だと判断してしまった状態ではないかと思いますが、どうしてそう言い切れるのでしょうか。

復縁が不可能だと判断した根拠には、どれだけ説得力があるのでしょうか。

 

例えば失恋した人に、どうして別れることになったのかを聞いてみた場合、「相手に別れを告げられたから」とか、「もうやっていけないといわれた」など、かなり根拠が希薄なケースが多いのです。

別れた根拠が弱いのであれば、復縁できる根拠は十分見つけ出せる可能性があります。

まずは別れることになった原因を分析し、何が悪かったのか、どうすればよりを戻すことができるのか、考える必要があります。

しかしそれを、追い詰められた状態のあなた一人で考えるのは危険であり、かついいアイデアはその状態では出てくるはずがないのです。

だからこそ、そうしたときに必要となるのが、あなたの復縁を助けてくれる、復縁のための7ステップという復縁マニュアルなのです。

 

何が楽かといえば、考えることを極力減らすことができるということです。書いてある通りに、実践していけばいいのです。復縁することは、あくまでパターン通りに行動することと同義であり、それを実践することができるかできないかで、大きな差が生まれます。

思考停止に陥り、自殺したいとまで思ってしまった状態のあなたの支えになってくれる、大きな味方としての復縁のためのマニュアルです。ぜひ一読する価値はあると思います。

これを試さずに「死」を選ぶのはそれこそナンセンスです。

まずは一度、7つのステップでもう一度好きにさせる方法を熟読してみましょう。

死にたいという思いを一瞬でも忘れることができ、さらには未来に対する希望がよみがえるはずです。

大切なあの人を取り戻すために、できる限りのことは試してみましょう。

 

復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

 

 

 

 - 復縁のための改善行動