今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

よりを戻すために必要な「別れの原因」の明確化

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きなあの人との別れ。一生の中でも、これほど辛い期間はないと思います。

一緒に楽しく旅行したこと、二人で笑いながらしゃべり合ったこと、将来のことを真剣に話した時のこと、いつまでも一緒にいようねと言ってくれたこと。

そんな色々な思い出がよみがえり、胸が苦しくて苦しくて、どうしようもなくなると思います。

 

そんな、いつも一緒にいてくれたあの人はもう近くにおらず、これから先もまた同じように二人の人生が交わることがないと考えると、絶望的な気分に襲われると思います。

もう何もやる気が起きない、力が出ない。

仕事にもいきたくないし誰とも話したくないという気分にすらなることだってあるでしょう。

 

ですが、そのまま沈んでしまっていては、戻るものも戻らなくなってしまいます。復縁の可能性は、別れた初期段階であればまだまだ高いのです。そこで適切な行動をとれるかどうかが、その後のよりを戻すまでの流れに大きく影響します。

冷静になる

ではまず、初期段階で行動するべきことは何なのでしょうか。

行動ももちろん大事なのですが、まず取り組むべきことは、冷静になることです。

 

ゆっくり深呼吸をしましょう。

そして、とにかく収まりがつかない自分の心を、できる限り、平静に保てるようにコントロールします。

少しの間だけでもいいのです。

とにかく落ち着かないと、周囲が見えなくなってしまい、復縁までの道筋において絶対にとってはいけない行動をとってしまう可能性が出てきます。

 

当然急ぎたい気持ちがあるでしょう。一刻も早く連絡を取り復縁に向けた話し合いをしたいと思います。

ですが、急がば回れです。

正しく順序を守れば、復縁の可能性はぐっと高まります。慌ててはいけません。まず、一呼吸おきましょう。

 

はやる気持ちを抑えることに成功したなら、次は今自分が置かれている状況をしっかり把握してみましょう。

 

そもそも何故別れることになったのか

あなたは何故、愛する人に別れを突きつけられることになったのでしょうか?

その原因がわかっていますか?

復縁を成功させる確率をあげるために、ここは抑えておきたいポイントです。

相手が『別れたい』と考えた理由を明確にしてみましょう。

 

往々にして、別れの原因はただ一つではありません。

各種様々な要因が複雑に絡み合いながら、一つの決定的な原因がトリガーとなり、『別れたい』の一言を生み出します。

ここでは相手の気持ちになり、しっかり相手の心をくみとることが大切です。

別れたいと言われたとき、あなたは『どうして?』とその理由を尋ねたはずです。その時の相手の答えはどういうものだったでしょうか?

どんな答えだったとしても、それが本当の理由とは限りません。むしろ本音は出ないのが普通です。だからこそ、本当の原因はこちら側で類推するしかないのです。

 

おそらくこれが原因じゃないかな?という理由がiいくつか見つかったなら、紙に書き出してみることをおすすめします。

そうすることで、色々な原因と思われる事象を見つけやすくなります。

ある程度出そろったところで見直してみると、案外色々出てきたことに驚くかもしれません。

と同時にこれでは別れを切り出されても仕方ないというネガティブな感情も生まれてしまうかもしれませんが、むしろそこにはポジティブな思考を導入しましょう。

つまり、「今出ただけのネガティブ要因を改善していけば、自分とよりを戻さない理由がない」ということです。

別れを切り出されたとはいえ、元々は自分のことを愛してくれていたはずの相手です。

マイナス要因を取り除けばあとはプラスしか残りません

 

ただし、当然のことながら、自分が何も変わらなければ、相手は「よりを戻したい」とは考えません。

「自分のこの部分を変える」、「今まではこうだったがこれから先はこうする」という点を明確にし、それを相手にアピールしていかなければ、「変わったな」、「見直した」という評価は得られません。

相手にそう思ってもらうためには、まずは自分が明確に何をどう変えていくのかを理解していなければいけません。

 

自分の悪いところが見えてこない

自分で自分の悪いところをある程度見つけることが出来た、という人は問題ないのですが、自分の悪いところがわからない、何が嫌だったのか皆目見当がつかない、というケースもやはりあると思います。

自分としては精一杯頑張ってきていたつもりだった、何も別れを突き付けられるようなことをした覚えはまったくない、むしろそういうケースの方が多いのかもしれません。

しかし現実問題として、愛する人は「別れ」を既に提案してきており、「別れ」を決意するということはそれ相応の原因を必ず抱えていたはずです。

心当たりがない、とは言っても原因を探し出す必要があります。

 

もし自分で自分の悪いところが見えなければ、近しい人(例えば友人知人、または親でもいいと思います)に、聞いてみる、という方法があります。

これは、二人の関係を洗いざらい話して暴露するということではなく、自分にはどういう悪いところがあるのだろうか、という客観的な視点で見てもらうということです。

外から見たらこういう欠点があるよね、と指摘してくれればそこからさらに深堀りして欠点を探していくことができます。

しかし周囲の人たちが遠慮をしてはっきり自分の欠点を教えてくれないこともあります。むしろその方が多いでしょう。

 

そこで、別れの原因の明確化ができている人でも、できていない人でも対応してくれる、よりを戻すための最高の復縁方法を次に学んでいきます。

 

 

よりを戻すための最高の復縁方法

 

 

 - 別れの原因追及