今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

会えるようになってからが難しい復縁

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

復縁まであと何ステップ?

復縁を目指す場合において、とりあえず現状の「自分と相手との距離」がどの程度であるかによって、打つべき対策が異なってきます。

例えば別れの際にかなり相手を怒らせてしまっていたり、かなり嫌われてしまっている状態であれば当然ある程度の時間がかかることもあります。

この場合はまず、連絡を普通に取り合うことができるような状態まで戻す努力が必要になってきます。

しかし、ある程度別れをスムーズに終えることができ、たまに連絡を取ったり、用事があれば食事程度には付き合ってくれるような関係であれば、かなり復縁に向けては有利な立場にあるといえます。

復縁に至るためのステップのいくつかを、飛び越えていることと同じだからです。

連絡を取り合うこともでき、食事にも付き合ってくれる。

ここまできたなら「復縁まであと少し」、と考える人は少なくありません。ほとんどの人が、よりを戻すことに成功した未来を想像し始めていると思います。

しかし実際は、このレベルの関係からさらに深化させ、恋人同士に戻るところまでが何より難しいのです

「友達」から「恋人」への高い壁

普通に考えればわかることですが、ある特定の異性の、「友達」になることは簡単です。

楽しくお互いに会話をすることさえできれば、それで「友達」という関係は成立します。相手に承諾を得る必要もありません。

しかし、「恋人」になるには、相手の承諾が必要となります。

友達だからといって、誰しもが恋人になれるわけではありません。これは復縁というよりも、最初に付き合い始めたころに心当たりがあると思います。

高いと思われた壁を必死で乗り越えて、「恋人」という立場を手に入れることができたのではなかったでしょうか。その時と同じ高い壁を、今度は復縁というさらにもう一段上の壁まで乗り越える必要があるのです。

友達から恋人へ昇格することが、何より難しいのです。

 

ただ、いくら難しいとは言っても、そう悲観的な要素ばかりではありません。

あなたはその壁を、一度確実に乗り越えることができているのです。

ですから、ほかの誰かがその壁を上るよりも、復縁というハンデによって高くなっている部分があったとしても、経験がある分有利なのです。壁のどの部分が低くなっているのかも、経験的に知っているはずだからです。

 

「付き合ったことがある人だし、この人にはこんないいところがあるからもう一度やり直してもいいかな」

 

そう思わせることができたなら、復縁は成功です。

ただ、逆に

 

「この人にはこういう悪いところがあって、そこを自分は受け入れられない。だからもう終わった関係。復縁はありえない」

 

こう判断されてしまったら、友達以上、一歩も前に進むことができません。

そればかりか、選択を誤れば友達としての地位すら失ってしまう可能性もあります。危うい均衡の上に立っているということを忘れてはいけません。

会えるようになったからもう少しで復縁できる、という油断が禁物だということがわかると思います。

 

「復縁までもう少し」は錯覚

もう少しだからこそ、自力でなんとか復縁を成し遂げたいと考えるのは当然の心理ですが、ここは逆に考えたいところです。

もう少しだからこそ、失敗したらあまりにももったいないのです

一歩を踏み誤ることで何もかも失ってしまうくらいなら、確実に成果をあげられる準備をしておきたいところです。

会えるようになってからが最も重要で難しいという復縁の流れを、復縁のプロが勧める最強のマニュアルによって、手に入れましょう。

 

復縁までもう少し、という錯覚に騙され、復縁間近までいったにもかかわらず結局失敗してしまったというケースが何より多いのです。

 

「もう少し」と思えるこの段階こそが、何より復縁成功へのマニュアルが必要な段階であることを理解して、復縁成功率の高いルートを模索していきましょう。

 

復縁成功率の高いルートとは

 

 

 - 復縁のための改善行動