今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れた後の「希望・絶望・憎しみ」のループ

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶれ続ける、不安定な感情

別れを告げられたあとにあなたに降りてくる感情としては、おおよそプラスイメージのものは考えにくいはずです。

ほとんどがマイナスのイメージであり、それは絶望だったり喪失感であったり寂しさ悲しさ辛さであったり、前向きな感情は生まれようがありません。

こんな経験はないでしょうか。

1.別れたあと、毎日のようにつらい気持ちを引きずっているものの、あるタイミングで、「自分はそのうち必ず復縁できる」という強い思いに至る。

2.そのあとすぐに、そんなわけがない、もう二度とあの人には出会うことができないのだという絶望に打ちひしがれる。

3.さらには自分がこんな苦しい思いをしなければならないのは、すべてあの人のせいなのだ、と憎しみを覚える。そして1に戻る。

 

そのループを何度も何度も繰り返し、結局前にはまったく進めていないというのは、よくあるケースです。

自分はきっと、よりを戻すことができるはず、という根拠もない自信はどこからともなく生まれ、そしてその自信はやがて理由づけできない事実に思い至ると同時に崩れ、この苦しみから逃れられない怒りが相手への憎しみへと変わる。

きわめて不安定な状態です。

しかしそれでも、そんな状態であっても復縁を本当に成し遂げようと思うのであれば、ある程度自分自身のコントロールはしていかなければなりません。

 

上記のような魔のループに陥る最大の原因としては、復縁を願ってはいても根拠に乏しく確実性も低く、自分の心の底では「そんなことできるわけがない」という思いを実は持っていることが考えられます。

できるはずがないことを「できるはず」と何の理由もなく願望によって強く自分に言い聞かせようとする行為に、自分自身が拒否反応を起こしているのです。

そうして行き場を失った感情は結果として、この苦しみのそもそもの原因を作った相手への憎しみとして向けられていくのです。

 

まずはこの状態から抜け出すことを考えます。

 

心の奥底で、「二人の関係はもうダメなんだ」「二度と元には戻れないのだ」と考えている自分を、変えなければいけません。

「復縁は十分可能であり、そしてそれには根拠がある」、ということを自分に言い聞かせるのです。

 

根拠は外部から持ってくる

ではその根拠とは何なのか。

 

自分自身だけで自力で復縁活動を行っていくのではなく、実績ある復縁マニュアルを活用して元の関係を取り戻していく、ということがその根拠です。

プロの復縁マニュアルなのだから、素人が自力で行うのとはわけが違います。プロが提供する成功の法則は、何よりも強い根拠となりえます。

 

しっかりそれを心に定め、認識することによって、次の段階である2番の「諦め」と「絶望」へ落ちていくことがなくなってくるはずです。

そうすれば、3番の相手への「憎しみ」も自然となくなり、昔にとにかく戻りたいという復縁への渇望と、強力な根拠に裏打ちされた確信だけが残るはずです。

 

自分は必ず復縁することができる。

 

このゆるぎない確信こそが、次の段階への力強い一歩となるのです。

 

 

別れの恐怖・「孤独」「嫉妬」「喪失」に打ち勝てるか

別れた直後の冷却期間の必要性とは

お金をかけずによりを戻す方法とお金がかかる復縁方法

 

 

 

 - 復縁のための改善行動