今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

元カレと一緒にいられるなら二番目でもいい?

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性が男性をつなぎとめる最後の手段

女性が復縁を考える場合、男性が復縁を考える場合とでは、またその方法がガラリと変わってきます。

彼氏に別れを告げられた場合、当然のことながらあなたは、驚きながらもなんとか別れを思いとどまらせようと思うはずです。

考えられるありとあらゆる手段を講じて別れを阻止しようとし、それでもダメで別れざるをえなかったなら、今度はなんとか復縁できないか、よりを戻せないか模索するでしょう。

しかしそれもうまくいかなかったときに、最終的に本当に関係が切れてしまい、二度と会えなくなってしまうくらいならと、「都合のいい関係でもいいから」「二番目の存在でもいいから」という最後の手段に出てしまうケースがあります。

 

過去、そんな経験に心当たりはないでしょうか。

 

生物学的に性的欲求が強い男性に対して、女性の武器を活用してでもいなくなってしまおうとしている相手を引き留めようという、女性だけの最後の手段です。男性には使えません。

ただしこの道を選択してしまった場合に確実に言えるのは、「その道は確実に、いばらの道である」ということです。

「二番目」には性的興味のみ存在する

いくら愛していようとも、いくら別れたくないと思ったとしても、「二番目の存在」「都合のいい存在」では、将来的な見通しがまったく立ちません。あくまで刹那的な快楽を追い求めるだけの関係であれば、決して自分のためにはならないので、本来選んではいけない道なのです。

男性にとって「二番目の存在」とはつまり、人間として、パートナーとしての総合力は本命には及ばないものの、性的興味はあるということです。あくまで、本命との関係に影響がない程度に性的欲求を満たすことが出来ればそれでいいのです。

つまり、あなたが元カレにとって「性的欲求を満たしてくれる」という価値のみを提供している限りにおいて、二人の関係は継続するでしょう。

しかしもし、あなたが何か元カレに対してそれ以上の要望や希望を持ってしまうと、その瞬間元カレにとっては二番目であるあなたの存在が「リスク」に変わってしまいます。具体的には、「二番目ではなく一番目としてよりを戻したい」「本命として復縁したい」「結婚したい」などの希望や要望です。

「そんなことできるわけがない」と、元々あなたとの別れを決意していた元カレは、あなたからすぐに離れていくでしょう。

 

自分が本命、自分が一番になるために

あなたは何も要望も希望も持たない、しかし元カレの性的欲求だけは満たしてくれる。「二番目でもいい」、ということはつまりこういうことです。

それでも一緒にいる時は、一緒にいられる幸せを感じることはできるでしょう。「それで十分」、そう感じることもあるでしょう。

しかし、様々なリスクの中で限定的な幸せを得るよりは、元カレを完全に失ってしまうリスクを冒してでも一番目へ返り咲きを狙っていきたいと思わないでしょうか?

 

性的興味はあるが、それ以外は興味を持てないという二番目以降の存在から、一番目へ戻るためには何が足りないのかを理解する必要があります。

二番目ということは一番目がいるということであり、その相手こそがあなたが元カレに別れを告げられる原因の一つを作った相手であり、あなたにとっての最大のライバルとなります。そして一番目としての復縁を実現するためには、その相手に勝利する必要があるのです。

元カレがあなたに対して、別れた後も性的興味がある状態であるのなら、それ以外の部分でどうしても受け入れられない部分をあなたが持ち合わせていたということです。その別れの原因となったあなたの欠点とはどこなのか、しっかり理解して改善していく必要があるのです。

そして総合力で、ライバルに勝利しなければいけません

それも、元カレの方からよりを戻したいと言わせるような展開にしなければいけないのです。

 

自力での復縁も不可能ではないかもしれませんが、確率はかなり低いと言わざるを得ません。

少しでも可能性を高くしていきたいと思うのであれば、正しい復縁のための方法を選んでいきましょう。

 

復縁成功率の高いルートとは

よりを戻すための最高の復縁方法

お金をかけずによりを戻す方法とお金がかかる復縁方法

 

 

 - 復縁のための改善行動