今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

第三者から見た二人の関係とは

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく言われる言葉があります。

「物事を客観的に見つめなさい」

客観的視点を持つ

色々な場面で言われる言葉であり、何度も言われたり聞いたり見かけた人も多いのではないでしょうか。

既に使い古されて錆びかけている言葉かもしれませんが、ただそれでも未だ使い続けられているのは、やはり大切なことだからです。

 

よりを戻すためにも、復縁に至るステップとしてこの言葉は非常に大切です。

二人の関係を客観的に見つめるということは、どこに問題があったのか、何が別れの原因になったのか、二人の関係はどういうものだったのかを遠くから見つけるということです。

 

「客観的視点」には、当事者同士では見えてこない問題を、第三者的視点から見つけ出すことが出来るという大きなメリットがあります。

 

例えば自分の中では、二人の関係は「仲睦まじい恋人同士」で二人のパワーバランスとしては「50:50(フィフティ・フィフティ)」と考えていたかもしれませんが、他人から見るとそれが「仲はいいがどこかバランスが悪い」「男性側主導で女性はいうことを聞くのみ」という風に見えているかもしれません。

もし他人からそう見えるということであれば、バランスが取れていると感じていたのは自分だけで、恋人は他人が見るのと同じように感じて窮屈に感じていたかもしれません。

もちろんそう感じていたとしても、性格によっては表面に出さずじっと自分だけでのみこんでしまっているケースも十分あり得ます。結果として何が起こるのかというと、不満の蓄積であり、不満の蓄積は「別れ」の原因として心の中にキープされてしまいます。

 

「第三者から見た二人の関係」とはいっても、実際のところ他人が自分たちのことをそこまで深く見ていることは稀であり、他人に二人の関係がどう見えたかを聞いてみれば「仲よさそうに見えた」とか「問題があるようには思えなかった」という感想が返ってくるのがほとんどだと思います。

そのため、実際に他人に外から見た二人の関係を問うということではなく、自分が第三者となって二人の関係の外側に立ってみる、ということが大切なのです。

 

自分自身へのアドバイス

高い位置から二人の関係を眺めてみた感想はどうでしょうか? どちらかの立場に立って眺めてはいけません。あくまで平等かつ公平な視点で二人の付き合い方を詳細までみていきます。

どちらかがどちらかに大きな負担を強いてはいないでしょうか。特に今回別れを切り出した側には、何か大きな不満が溜まっていたはずです。その原因となる行動や言動が、自分や相手になかったでしょうか。

「それはどうだろう?」、「ここはおかしいのではないか」そんな点を見つけ出せるでしょうか。見つけ出せないのであれば、あくまで自分自身の立場になってしまっている可能性が高いです。あくまで他人事として、二人の関係を見る必要があります。

 

おかしな点、改善すべき点の入り口だけでも見つけることができたら、別れを切り出されてしまった側、つまり自分に対してアドバイスをしましょう

こうすればよかったんだよ、こうしておけば相手は不満を持つこともなく、別れへの決意につながることもなかったんだよ、と。

あなたは自分自身への最高のアドバイザーになるべきです。誠心誠意、二人の関係を改善させるため、一生懸命二人を見つめ、あるべき姿へと二人を導いていく必要があります。

 

ある程度の二人の関係の俯瞰が出来た状態で、次に行うべきはより復縁を成功させる確率の高い方法を選択し、実行することです。

よりを戻すまでの最短ルートを、確認してみましょう。

 

復縁成功率の高いルートとは

 

 

 - 別れの原因追及