今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

話したい・伝えたいことがありすぎて別れた後も連絡してしまう

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

別れた元恋人にメールやLINEをするのはありか

普段生活をしていく中で、本当に何でもない些細な出来事なのだけれども、誰かに伝えたい、話したいようなことに出会うことがあると思います。

そんな些細なことを伝える相手は、家族であったり友達であったり会社の同僚であったりと様々ですが、投げかけた情報に対して相手が返答をくれ、それを繰り返す行為のことを「会話」と呼びます。

恋人がいる状態であれば、その恋人こそが最良の会話相手になると思いますが、当然のことながら別れてしまえば会話も途絶えます。

面と向かって話をする機会も激減するでしょうし、メールやLINEでのやりとりも基本的には消滅してしまうことでしょう。

しかしそれでも、自分が驚いた情報や面白い情報は、「どうしても誰かに伝えたい」という思いが働き、別れた相手に対してその内容をメールやLINEで送ってしまう、というケースがあります。

送った側からしてみれば、「別れた」という事実を棚上げして、今までと同じように面白い情報や驚いた情報の共有のつもりで送っているわけですが、受け取った側の感情は送った側とは全く違うため、要注意です。

情報の内容によっては、表面上一緒に驚いてくれたり面白がってくれる可能性もありますが、テンションが上がって送信している送り側と違い、受け取り側は「別れた」事実を棚上げすることなく、それを前提として情報を受け取ります。

結果、「確かに面白い情報だけど、どうして今そんな情報を送ってくるのだろう? 別れたということを理解しているのだろうか?」という疑問を持ってしまう可能性が高いのです。そうした疑問は不信感にもつながり、相手の負担になり疲労感にもつながります。

つまり、別れた後もそれまでと変わらず連絡をとろうとする行為は、復縁を目指す上ではマイナスになってしまう可能性が高いのです。場合によっては、「厚顔無恥」というレッテルを張られてしまう可能性も大です。

面白い情報や驚いたことなどは、すぐに共有したいという気持ちは十分わかります。しかし、それを別れた相手に対して行うのは、二人の関係性をしっかり理解した上でなければNG行為の一つになります。

自分だけがテンションが上がった状態でメールやLINEをしても、元恋人は一緒に喜んでくれることはありませんし、迷惑にすら感じるはずです。そういう行為は、復縁を成し遂げた後にしましょう

伝えたいことは日記に吐き出す

たくさんたまっていく話したいことや伝えたいことは、誰か他の人に伝えるか、もしくはすべて記憶にとどめておくために文章にしてしまっておくのはどうでしょうか。

試みに日記などを付けてみてもいいかもしれません。自分が考えたことを文章にしてみるという行為は、実は自分自身の頭の中を整理するためにも役立ちます。

頭の中で考えていた時には思いもしなかったことが、文章にしてみると見えて来たり、何が問題だったのか、目的は何なのか、自分はどうしたいのかなど、今とるべき選択肢が明確になることもあります。

「王様の耳はロバの耳」の話のように、誰かに話したいこと、伝えたいことを我慢するのは人間なかなか難しいものです。どこかに吐き出す必要があるのであれば、やはり自分しか見ることが出来ない日記が最も適していると思われます。

他愛無い話ならともかく、二人の関係に影響するような重要な話であるのなら、間違っても不特定多数が閲覧可能なSNSなどに吐き出してはいけません

SNSの拡散力は人が想像している力の遥か上を行きます。そして、それが人の不幸につながるような情報の場合、拡散力はさらに強くなります。

誰も見ていないと思って「王様の耳はロバの耳!」とSNSにつぶやいた瞬間に、日本全国民にその情報が知れ渡ってしまってもまったくおかしくはないのです。

 

注意点まとめ

別れた元恋人に不用意にメールやLINEメッセージを送らない。

SNSに元恋人との話題や誰かに伝わっては困る話題は書き込まない。

どうしても吐き出したいことは、自分しか見ない日記に書きだす。

 

こうした点に注意しながら、具体的な復縁作業に移っていきましょう。

 

 

 - してはいけないNG行動