今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れた後に気を引こうとするメールやLINEは絶対NG

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく自分を振り返ってもらいたい心理

別れを告げられたけれども、どうしても別れた元恋人に気をかけてもらいたい、というのがこちらの希望。

しかし相手の心は既にこちらにはなく、まったく違う方向を向いている状態。

さて、この状態で一体どうすれば、相手は改めて自分の方を振り向いてくれるのでしょうか。そんな奇跡のような方法があるのでしょうか。

 

実は一つ、非常に簡単な方法があります。あくまで復縁を成功させるのではなく、相手の気を引くだけの方法です。

気を引くだけの方法なので、もし実践した場合、ほぼ間違いなくそのあとは致命的に関係が悪化します。そのため、絶対に実践しないでください。あくまで、NGな方法として紹介するだけです。

その方法は非常に簡単、次のようなメールやLINEメッセージを相手に送るだけです。

 

「今、事故起こしちゃったんだ。とりあえずでいいんだけど、助けが欲しい」

「お母さんが急に倒れたんだ。少しだけ相談がある」

「体調がかなり悪いんだ。重病かもしれない」

 

メールやLINEでもし、元恋人からこんなメッセージを受けたらあなたはどう思うでしょうか?

まず驚くでしょう。そして次に、こう思うはずです。「本当だろうか?」と。

 

本当である可能性ももちろんあります。弱り目に祟り目で、別れた直後に不幸が重なったのかもしれません。しかし、仮に本当だったとしても、「なぜ別れた自分にそれを連絡してくるのか」と思うはずです。別れた相手の不幸話に付き合う義務が、どれだけあるのでしょうか。

本当に優しい相手なら、心の底から心配してくれ、親身になって話を聞いてくれるかもしれません。しかしそれは恋人としてではなく、あくまで人としてやるべきことをしてくれているだけなのです。

一時的に元恋人は戻ってきてくれるかもしれませんが、それは恋人としてではなく、人として、でしかないのです。

そして根本的な問題として、上記の事故や体調不良などがただ単に相手の気を引きたいがためのウソで、万が一真実でなかった場合、刹那的な関係改善のためにアンフェアな方法を選択してしまったことで相手の信用を完全に失い、一生取り戻すことができない致命的なダメージを負うことになってしまいます。

 

そのため、絶対にそんなことで別れた相手にメールやLINEでメッセージを送ってはいけません。

同情を引くための「不幸の公開」は控える

仮に本当に、タイミング悪く身内の不幸や自身の体調不良など色々な不幸に見舞われたとしても、すべて飲み込んでください。元恋人に伝えたりするのはやめましょう。

弱っているときにこそ頼りたくなるのは重々承知の上で、将来的な復縁を望むのであれば、ここは我慢しなければなりません。

 

自らの不幸を公開して「同情を引く」というのは、作戦としては悪くないような気がしないでもないですが、元々「かわいそう」と同情する気持ちがあるのなら、相手もあなたとの別れを選択しないと思われるわけです。

別れを突き付けること自体があなたにとって「かわいそう」なことなのですから、それを実行した元恋人にとって、あなたへの「かわいそう」という気持ちはそれほど大きくないものと思われ、そして同情はあくまで同情で、愛情には変わりにくいのです。

 

同情を引こうとしているあなたが、もし男性ならばなおさらです。

男性の弱い部分をあまりにもみせすぎると、女性からは「頼りない」という評価に繋がりやすくなってしまいます。復縁を目指す男性にとっては逆効果にしかなりません。

もしあなたが女性なら、「守ってあげたい」という男性の気持ちを引き出せる可能性は確かにあるのですが、既に別れて気持ちを切り替えている男性に自らの不幸アピールをしても、「この女は面倒」と思われるのが関の山です。

 

一緒にいて楽しい、自分にメリットがあると感じてもらわなければ、一度離れた相手は絶対に戻ってきません。

復縁するためのメールやLINEではなく、復縁するためにしてはいけないメールやLINEとして、逆の意味でしっかり覚えておきたいところです。

 - してはいけないNG行動