今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

復縁に強い正社員/よりを戻せない派遣・契約社員

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性にとっての「仕事」はあまりに重要

元カノとよりを戻したいと考えた時に、実は大きな影響を及ぼすのがあなたの「仕事」です。

逆の立場で、女性が男性とよりを戻したいと考えた時には、女性の「仕事」はあまり大きな影響力を持たないことを考えれば、「仕事」は男性限定で復縁に影響を与える要素といえます。

 

あなたは今、正社員ですか? それとも契約社員でしょうか? または派遣社員ですか? それともアルバイト

 

例外はあるかもしれませんが、一般的に考えて、将来性及び安定感があるのは間違いなく正社員です。

社会的な信頼度も、契約社員や派遣社員とは比較になりません。

元カノ周囲の人々の大きな影響力

しかし「自分が派遣社員でも、あいつはそんなことを気にする女じゃない」と言いたい人もいると思います。

事実、男性の仕事などまったく気にしない女性も存在します。しかしそれは、付き合っている段階での話で、結婚を見据えてくると事情がまるで変わってきます

将来的な安心感で、契約社員や派遣社員が、正社員に勝つことはまずありません。

相手の女性の気持ちだけではありません。相手の女性の両親や兄弟姉妹、さらには友人などの目もあるのです。

元カノが仮にあなたの仕事を気にしていなかったとしても、元カノの周囲の人たちはこう言うはずです。

 

「いつまでもあの人は派遣で大丈夫なの?」

「正社員で働いてる人を探した方がいいんじゃない?」

「派遣や契約のままで結婚できると思ってるの?」

 

この言葉は、そんなこと考えてもいなかった元カノの心に重くのしかかってくるはずです。

最も近しい人たちから信頼を得られない男を、生涯の伴侶にしていいものだろうかという悩みが必ず生じます。

 

もしあなたが契約社員や派遣社員で元カノと別れることになったのなら、復縁のためにまずやるべきは、とにかく正社員になることです。これを達成せずにして、復縁はあり得ません。

 

逆のパターンで考えてみます。

例えばあなたが正社員だとします。付き合っている彼女が仮に他の要因で別れを考え出したとしても、彼女の周囲の人たちは彼女にこうアドバイスするはずです。

 

「せっかく正社員でそこそこ稼いでる人なんでしょ? もったいないよ」

「もう少し我慢してみたら? 他にいい人現れないかもよ?」

 

仮に別れてしまったあとでも、元カノに周囲の人たちからこういうアドバイスが入るでしょう。

 

「反省して悪いところを直すっていうのなら、もう一度考えてあげたら? 稼ぎもいいし、将来的には安心できるんじゃない?」

「別れを決断したのが早すぎたんじゃない? 今の時代、正社員でしっかり働ける人ってところは貴重よ?」

 

派遣社員やアルバイト・パートを含む非正規労働者の割合が過去最大を更新する時代において、昔は当たり前だった「正社員である」という事実自体が、今では復縁においても強みになるのです。

正社員でない状態でよりを戻したい、復縁したいと考えても、将来において自分を守ってくれる力を持たない男性は、女性にとっては完全に選択圏外になってしまいます。

 

非正規労働者であることは逆にチャンスにできる

そう考えていくと、現在派遣社員・契約社員・アルバイト等で働いている人は復縁に対して絶望的な気分になるかもしれませんが、それは逆に考えるべきです。

今が非正規労働者なのであれば、逆に正社員になることで、自分の価値をぐっと高め、それによって元カノにアピールをしてよりを戻せるチャンスが大いに広がるということでもあります。

もともと正社員の人は今以上に出世をするしか元カノにインパクトを与えるのは難しいですが、非正規労働者の人が正社員になればそれだけで大きなインパクトがあるのです。

 

正社員になれば復縁できる、と考えれば、仕事や就職活動にも前向きになるでしょうし、それによって復縁が叶えばさらにプライベートは充実し、仕事も正社員としてうまく回転していくはずです。

そうなると、いい相乗効果によって自分の人生そのものが上昇気流に乗り始めるはずです。

男性は自分の仕事を軽く考えず、相手の女性は将来も考えれば必ずあなたの仕事にも関心を持って考えているということを忘れないようにしたいところです。

 - 元カノとの復縁方法