今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

男を立てることで元カレとの別れから復縁成功

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

自立した女性に非常に多いのが、男性をうまく立てることができずに恋愛や結婚に失敗してしまうというケースです。

そんな経験がある女性も実は、少なくないのではないでしょうか。

この場合、そもそも「男性を立てる」ということがどういうことなのか、正しく理解する必要があります。

男性よりも女性が能力的に優れているケース

人間は、一人ひとりが様々な能力を持っており、個々人でその優劣は大きく異なります。

そもそもその優劣も何を持って判断するのかという問題はあるにせよ、例えば知識的な問題であったり学歴であったり職歴や社会的立場だったり、色々な優劣が存在します。

その中で恋愛に関しても、当然常に男性が能力的に優れているとは限らず、女性の方が優れた能力を持っているカップルも生まれる可能性が十分あります。

そんなときに、その女性はこう思うでしょう。

「自分の方がこのジャンルでは優れているのだから、彼よりも自分が動いた方がいい」

これは、当然の発想だと思います。

何事も効率を考えるのであれば、得意な方が動いた方がいいに決まっています。適材適所ということです。

しかしこのやり方を間違うと、男性との恋愛・婚姻関係はうまくいかなくなる可能性があるのです。

 

男には男としてのプライドがある

男性は、女性に下に見られることが、基本的に好きではないのです。性差別的意味ではありません。男性としてのプライドの問題です。

「男は女を守らなければならない」

この認識を、男性は心のどこかで必ず持っているものです。

なぜなら、男は女に対して、肉体的な優位性があるからです。

どれだけ男女平等を唱えても、究極的にそれぞれ役割の違いがあるのですから完全なる平等などあり得ません。

不平等なのではなく、役割の違いとして認識する場合、男性にはやはり女性を守るべき役割があると自ら認識するわけです。

そしてそれが、男性としてのアイデンティティであり、かつプライドでもあるわけです。

 

男性をうまく扱うことが「男を立てる」こと

そんなプライドを持つ男性に、「私の方がこの件に関しては能力が上だから、私がやるね」と言ったらどうなるでしょうか?

男性としては自分の存在意義を否定されたような気持ちになってしまうのです。

昨今女性の社会進出も昔と比べればかなり進んできていますので、昔と比べたらそんな男としてのプライドに凝り固まった男性は少なくなっているとは思います。

それにしたって、毎回毎回、彼女から繰り返し下に見られれば、男性は気持ちがいいはずがないのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

そこが、男性の扱い方の問題なのです。

「男性を立てる」という方法を知ってさえいれば、たった一言の気遣いさえあれば、男性の心証を悪くすることなく、自分がやるべき作業を終わらせて効率よく二人の関係を前に進めることができるのです。

 

それが出来ず別れにつながってしまったのであれば、あなたはまず男性の立て方を勉強しなければなりません。

男性のプライドをできる限り傷つけることなく、うまく男性をコントロールして効率よく成功へ導くこと。昔の言葉では「内助の功」といいます。

もし別れた元カレと再会する機会が作れたなら、試してみる価値は十分にあります。

元カレはこう感じるはずです。

「昔は俺のことを馬鹿にしてばかりだったけど、しばらく会わないうちに俺のことをちゃんと尊敬するようになった。別れてはじめて、こいつは俺の価値がわかってきた」。

 

復縁に向けて元カレをコントロール

あなたは元カレをコントロールするプロデューサーとして、手のひらで転がすくらいの気持ちが欲しいところです。

あなたの方が元カレよりも知恵があるのですから、それくらいのことはできるはずです。

そして、確実に復縁につなげていけるように、復縁マニュアルに沿って元カレの心をもコントロールしましょう。

そのための元カレとの別れの分析は非常に大切です。

ここでは「女性版 7つのステップ もう一度好きにさせる方法」が非常に役立ちます。

復縁に確実に至る先行投資として、この場面では是非利用していきたいところです。

 - 元カレとの復縁方法