今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

よりを戻したい人のクリスマス復縁計画

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の一大イベントといえばやはりクリスマスです。

冬には、年末年始や成人式、年が明けてしばらくすればバレンタインなどのイベントもありますが、やはり恋人同士のためのイベントとしてはクリスマスを超えるものはありません。

恋人がいれば最高のイベントであるクリスマスですが、恋人から別れを告げられてしまった状態の場合、たった一人でクリスマスの夜を過ごさなければならなくなってしまいます。

そんな辛すぎる事態を避けるために、逆にクリスマスを活用して復縁を成し遂げる方法を、できる限り早い段階から模索します。

 

まずはそのための準備として、クリスマスについてイメージを膨らませます。

ツリー、ケーキ、ろうそく、イルミネーション、サンタクロース、雪(ホワイトクリスマス)、暖炉、トナカイ、プレゼント、靴下、教会・・・ほかにもいろいろなイメージが浮かんでくるのではないでしょうか。

その中から、復縁に必要な要素を拾い上げていきます。

☆クリスマス復縁作戦1:大勢でのパーティー方式

最も難易度が低い方法としては、やはり大勢でのパーティー参加型です。

元恋人と同じ空間を共有し、あわよくばきっかけを作って二人で会話でも、という方法です。

当然のことながら、二人の関係性がある程度良好でなければ取りにくい作戦でもあるので、注意を要します。

直接コンタクトがとりにくかったとしても、共通の知人に協力依頼をすることで実現することは可能です。

 

☆クリスマス復縁作戦2:イベント参加方式

クリスマスには様々な場所でイベントや催し物、コンサートなどが開催されます。

そうしたイベントに一緒に参加することで復縁を模索します。別れはしたけれども、友達としてなら会ってくれる、という状態であればこの作戦は有効です。

ただし、元恋人との距離が「一緒に二人ででかけるなんてありえない」、という状態であればこの作戦は非常に難しいといえます。

まずはここに至るまでの関係改善作戦が、前段階として必要になります。

 

☆クリスマス復縁作戦3:偶然の出会い方式

二人で会ったり連絡を取り合ったりするのが難しい状態なら、偶然を装って出会いを作り出すしかありません。

相手の当日スケジュールがわからないと行動しようがないため、協力してくれる共通の知人の存在が不可欠です。これが難しい場合には、SNSに当日予定が書きこまれるのを期待するか、彼女の行動パターンを予想して一日その場所に張り付いてみるという方法もあります。

かなり運に左右されますが、その分ヒットしたときの驚きは双方にあり、効果的かもしれません。

ただし、明らかに出会えるように狙っていた、と思われる状態の場合はストーカー的にとらえられる可能性がありますのでやめておきましょう。

理想としては、年単位で連絡を取り合っていない状態であれば効果的と思われます。

 

☆クリスマス復縁作戦4:二人で食事会

あれこれ考えるのではなく、クリスマスを機会に二人で食事にでも行ければこれが最も早く手っ取り早い復縁への道かもしれません。

しかしクリスマスに二人で食事会を実現させるためには、当然のことながら元恋人とのある程度の関係性が維持されていることが大前提です。別れはしたけれど「友達」とは思われているとか、「一緒にいて楽しい相手」と思われているとか、そうした条件がそろっていなければ、別れた相手とのクリスマスの食事はなかなか難しいでしょう。

そのため、この方法もクリスマスの前段階で、ある程度二人の関係を温めておく必要があります。「イベント参加方式」とコラボさせて、イベント参加後二人で食事、という作戦も取れます。

そもそも、このクリスマスの食事会が成功したなら、復縁はもうすぐ目の前と言ってもいいかもしれません。

さて、ここまでは連絡を取り合ったり、取り得なくても直接会えば話ができる程度の関係性を保っていることが大前提でした。

しかしそこまで関係が戻っておらず、とても顔を合わせられる状態ではない、ということもあると思います。

ここからは、そういう場合のクリスマス復縁作戦計画を考えます。

大きく分けて、二つの方法が考えられます。

 

☆メリークリスマスメール/LINEを送る

まずは連絡が取れなければどうすることもできませんので、クリスマスを口実にメールやLINEを送る方法を考えます。

考え方としては「誕生日おめでとうメール/LINE」と似たようなものですが、もし相手にクリスマスの予定がなく、寂しい気持ちを抱いていたら、もしかすると何らかのアクションにつながる可能性もあります。

もちろん久しぶりに連絡をした、という状態だと思いますので、それ以上の何かは期待しない方がいいかもしれません。返事がくるかもわかりません。ただ、クリスマスにちょっとした相手の心に残る連絡を入れた、という事実が残るのみです。今すぐには何も効果がないかもしれませんが、後々あなたを思い出すきっかけになる可能性を残したとして納得しましょう。

あまりまだ冷却期間が置けていない状態の場合には、そもそもメールやLINEを送っても大丈夫かどうかの判断には注意しましょう。慎重に考える必要があります。

もし、もう少し関係が近い状態なのであれば、クリスマス前から連絡を取り合い、クリスマスの予定を取り付ける方法もあります。これに成功すれば、上記のイベント参加や食事会が可能となります。

 

☆サプライズを仕掛けてみる

ここでのサプライズは、二人で簡単に会ったりすることができない状態でのサプライズなので、なかなか難しいのですが、例えばプレゼントを贈ってみるとか、サンタクロースのコスプレをして明るく登場してみるとか、色々なパターンが考えられます。

ただし、成功するかどうかはかなり微妙な賭けとなります。

一気に勝負に出たい場合の大技かもしれません。失敗するとより関係が悪化する場合も考えられますので、今現在復縁に至る道のどの段階にいるのかを冷静に見極めましょう。

 

いずれの方法をとるにしても、核になる復縁手順をしっかり復習した上で臨みましょう。結局よりを戻すための最も効果的な方法は、復縁マニュアルに沿って行動することです。自己判断で行動して逆効果になってしまわないようにしなければなりません。

判断に迷った時の無料メールサポートもある7ステップ復縁マニュアルを、しっかり有効活用するようにしましょう。

男性版 7ステップ復縁方法

女性版 7ステップ復縁補法

 - よりを戻すために