今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れの切り出し方に納得いかない

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

たくさんある「納得できないこと」

別れの原因は人それぞれ様々ですが、別れを告げられた側としては、そもそも別れの切り出し方がどうしても納得できないということがあります。

別れを宣告される側が気持ちよく納得して別れた、というケースの方がむしろ少ないとは思いますが、別れを告げられる側にも言いたいことが山のようにあるはずです。少し例を挙げます。

 

・結婚しようと約束していたのに

・将来の子供の話まで二人でしていたのに

・不満があるなら言ってくれればよかった

・悪いところは直そうという気持ちがあるのに、何も言わず溜め込むだけ溜め込んで、爆発するように「別れる」というのはおかしい

・喧嘩したら「こうしよう」と二人で決めていたのに全く実行できなかった

・いきなりすぎる。少なくとももう少し相談するなりしてほしかった

・直接会わずに、電話、メールやLINEだけで「別れる」はおかしい

・元々自分から告白してきたのに、「他に好きな人ができた」というのは無責任

その他にも、様々な納得いかない点があると思います。

その結果、当然のことながらあなたは、その納得いかない点をそのまま相手にぶつけたことでしょう。

論理的に、道徳的にどう考えてもおかしい、という部分を的確に指摘したはずです。

自分の何が悪かったのかもさっぱりわからないのにいきなり「別れる」では、どうしても納得できないから自分にわかるように説明してほしい、と主張したはずです。

しかし納得いかない点を指摘することで、よりが戻ることは決してありません

なぜなら、別れを決意した人には決意したなりの強い思いがあるからです。その理由が何であるにせよ、そう簡単に「別れる」という決意が翻ることはありません。

どんなにあなたが「納得いかない」と主張しても同じことです。

そもそも納得いくような理由が存在する可能性は極めて低いですし、あなたが納得してくれれば相手としては一番だと考えているはずですが、仮に納得してもらえなくても仕方ないとも相手は考えているはずです。

ただただ「別れる」という結論を突き付けており、あなたの意思や納得するしないに関わらず結論は一切変わらないのです。

まずはそれをしっかり認識する必要があります。

 

納得いかなくても飲み込んでみる

では、何を言っても結論が変わらないのであれば、いうだけ無駄だと思いませんか?

言わないと気が済まない、ということはもちろんあるでしょうが、目的は別れを止めることであり復縁することのはずです。それならば、目的を達せられるのであれば、納得いかない点もすべて一度飲み込んでみてはどうでしょうか?

 

様々な納得いかない点に対して切り返していくことで、確実に元恋人の心証は悪くなっていきます。

こちらが的確に指摘すればするほど、相手は感情的になっていきます。

「理屈ではない」「とにかく別れたい」

こうなります。

別れを決意した段階では、既に相手の中で結論は出ており、それを翻させるのはかなり困難です。

まずは一度ぐっと我慢してすべてを飲み込んで、相手の気持ちを余計に揺さぶらないようにしたほうがいいでしょう。

 

しかしそのままでは復縁できませんので、その次の段階からが復縁へのステップとなります。

よりを戻すための最高の復縁方法

 

 - 別れの原因追及