今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れた直後の冷却期間の必要性とは

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

よりを戻すためには、別れた後にある程度の冷却期間を置いたほうがいい、と言われたり聞いたりしたことはないでしょうか。

よく言われる、冷却期間の必要性ですが、これは本当なのでしょうか。

仮に冷却期間を置いたほうがいいとして、どれくらいの期間を冷却期間として設けたらいいのでしょうか。

様々な冷却期間のケース

冷却期間とはすなわち、別れた後にお互いが冷静になり、相手と自分とをきわめて客観的に見つめることができるようになるまでの期間のことを指します。

別れた直後はお互いに興奮状態にあり、感情そのままに行動してしまうような危うい状況にあります。

そのため、落ち着いて話し合ったりしようとしてもお互いの言い分が衝突しあって話し合いにならないなど、いろいろな弊害が生まれてしまいます。

しかし時間を置くと、頭に上っていた血も引き、そもそも何を怒っていたのか、何が不満だったのかも人間は少しずつ忘れていきます。

不快な感情もどんどん和らいでいき、まるで他人事のように自分たちの関係を見つめることができるようになるのです。

 

そうなれば、特に別れを突き付けられた側には大きなチャンスが生まれます。

 

相手には、昔の恋人であるという懐かしい思い出を維持しつつ、マイナスイメージが和らいでいるのですから、ここでプラスのイメージを多く与えれば

「どうして私はこの人との別れを選んだのだろう?」

「別れたのは失敗だったのではないか?」

という感情が生み出される可能性が出てきます。

そうなると、復縁はかなり現実味を帯びてきます。

 

冷却期間とは、復縁のためのそうした感情を相手に生み出すために必要な期間と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

しかし、昔の悪い記憶が懐かしく感じられるようになるまでには、一ヶ月やそこらではまったく足りません。

少なくとも半年、長ければ一年も二年も経たないと冷却期間は意味をなさないケースもあります。

今すぐにでもよりを戻したいのに、一年や二年などと聞くと、あまりにも果てしなく、気が遠くなってしまうかもしれません。

そんなに悠長に構えていることはできないと感じる人も多いでしょう。むしろ大部分が、「そんなに待てない」と思うはずです。

 

冷却期間の長さはどれくらいが適当か

具体的な冷却期間の長さは、これは「別れ方」によって異なってきます。

どういう形で別れたのか、別れの際にどういうやりとりがあり、どの程度悪い印象が相手の心に残っているのかなどなど、いろいろな要因によって、最低これくらいは冷却期間があった方がいいと冷却期間の長さが決定してきます。

別れの際に相手にもたれてしまった悪い印象が強ければ強いほど、冷却期間は長めに設定する必要があるのが一般的です。

もちろん、最悪の別れ方をしながら、短期間でよりを戻すことに成功するケースもあるので一概には言えませんが。

冷却期間の長さは、ケースバイケースなのだと理解しておきましょう。

 

冷却期間には一切連絡を取らない

冷却期間といっても、具体的に何をすればいい期間なのかがわからないという人もいるかもしれません。

冷却期間には、相手に対してこちらから一切連絡をとってはいけません。

恋愛はどうしても、駆け引きの側面を同時に抱えてしまうこともあるのですが、ここは完全な駆け引きとなります。

 

まずは、絶対にNGなのが「しつこい」「ストーカー的」「うっとうしい」などと思われてしまうことです。

連絡を取り続けようとすることにより、未練が相手に強く伝わり、度が過ぎるとマイナスの感情はどんどん大きくなります。

仮にそこまで悪い感情は持たれなかったとしても、こちらから連絡をとることによって、相手には「まだこの人は自分に未練がある」「戻る気はないけれど、いつでも戻ろうと思えば戻れる」と思われ、足元を見られます。

そんな状態で、相手から戻ってくる可能性はないに等しいと考えた方がいいでしょう。

冷却期間中のこちらからの連絡が絶対NGと言われるのはそういう理由があります。

 

冷却期間あけの連絡方法

冷却期間をおいて、久しぶりにいよいよ相手に連絡を取ろうと考えたときにも、様々な工夫が必要です。

ただただメールや電話をするのでは、せっかく落ち着いた二人の間の空気が、一気に緊迫したものに早変わりしてしまう可能性もあるのです。

よくよく考えて、連絡のタイミングやメールの文面、電話の言葉の選び方などは慎重になる必要があります。

せっかく何ヶ月も何年も待ったのに、ここで失敗をするとすべてが水の泡です。

だからこそ、冷却期間の取り方や連絡の仕方、メールの打ち方など、細かく参考にできる復縁成功へのステップに基づいて行動する必要があります。

できる限り高い確率で成功させるために、間違った方法を選んでしまわないために、復縁成功への道をたどっていきましょう。

 

復縁成功率の高いルートとは

 

 - 別れの原因追及