今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

突然の予想しない別れからの復縁・よりを戻すための最高の方法とは

*

別れの恐怖・「孤独」「嫉妬」「喪失」に打ち勝てるか

      2017/06/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は全く意識していなかったのに、別れてしまった途端にいつでも隣にいてくれたあの人が、どれだけかけがえのない存在だったのかに気が付いたりするものです。

一人になってしまったことによる孤独感、大事なあの人を自分ではない誰かにとられてしまうのではないかという焦燥感、永遠に自分のもとからいなくなってしまうのではないかという喪失感、そうした様々な負の感情が一気に押し寄せてきて、心の平静を保つのが非常に難しくなってしまっていないでしょうか。

復縁を望むのであれば、まずはそうしたマイナスの感情を抑制するところから始めなければなりません。

なぜなら、マイナスに振れた感情からはプラスの要素は何一つ生み出されないからです。

別れの恐怖にはいくつかの種類があります。

 

1.孤独

2.嫉妬

3.喪失

 

大きく分けるとこの三種類になります。それぞれの要素ごとに対策を立てていく必要があります。

 

味方がいなくなる「孤独」

まず、別れに伴って強烈に感じられる恐怖の一つに「孤独」があります。今まで常にそばにいてくれた人がいなくなることで、自分は一人なのだということが実感され、一番の味方がいなくなってしまったという事実が押し寄せてきます。

特に普段から敵を作りやすい傾向にある人などは、「世界中の全員が敵に回っても、君さえ味方でいてくれれば」というある種の依存が隠れている場合もあり、恋人との別れがそのまま自分の世界の根本の崩壊につながりかねないケースもあり得ます。

 

この「孤独」を緩和するためには、とりあえず一時的に他の味方を早急に探すのが一番ですが、難しい場合には気を紛らわすために一人でいないようにしたり考えこまないようにする工夫が必要となります。

 

最も危険な感情「嫉妬」

次に「嫉妬」ですが、別れに伴う感情で最も強いのは、この「嫉妬」です。

ただ不満だけで別れたのであればまだしも、「好きな相手ができた」とか、「気になる相手がいる」などと言われたり、言われなくても他の異性の影を感じられる場合にはこの『嫉妬』に支配されてしまう可能性大です。

嫉妬の裏に潜む感情は独占欲だったり所有欲で、他の誰にも渡したくないという感情です。

時に常軌を外れた強い感情を生み出してしまうのも嫉妬の特徴で、セルフコントロールをしっかりしていかないと、自分の人生を棒に振ってしまうことにもなりかねません。

「理性を保つ」ということは、言うのは簡単ですが、そう理屈通りにはいかないのが人の感情です。嫉妬の感情を抱えた状態での自己判断は大抵が間違いで、復縁への道筋の中では大きなマイナスになります。

この感情は嫉妬だということは自分で判断はできると思いますので、嫉妬の存在を確認した段階で自己判断で行動するのはやめた方が無難です。

苦しいと思います。

この段階を乗り越えるのはかなりの困難を伴うと思います。

ですが、将来の復縁のためと考えてぐっと堪えてください。そして正しい復縁へのステップを実行してください。

感情を殺して機械的に、マニュアル通りに行動するだけでいいのです。それだけで元に戻れるのであれば、簡単なことではないでしょうか。

 

すべてが無に帰す「喪失」

最後に、「喪失」です。

あったはずのものが永遠になくなってしまう恐怖、大切にしていた道具が壊れてしまったり失くしてしまったり、もう元には戻らなくなってしまうという虚無感。

嫉妬とは違い、胸を焼くような苦しみは伴わないかもしれませんが、大きな大きな風穴があいてしまったような、何かよくわからないものがぽっかりと抜け落ちてしまったような感覚になると思います。

 

「もう何もしたくない」

「何もやる気がおきない」

 

そんな感情を伴いやすいのが特徴です。例えば身近な人の死に直面した時にも似ています。相手が生きているにせよ死んでいるにせよ、永遠に自分の元からいなくなってしまうという意味では同様だからです。

 

しかし、絶望的になる必要はありません。

相手が生きている限りにおいて、よりを戻せる可能性が0ということはないからです。可能性は十二分にあるのです

別れた当初は今にも切れそうな蜘蛛の糸程度の可能性かもしれません。それをいかに太く強くしていき、たぐりよせていくのか。その方法さえ間違わなければいいのです。

 

復縁までの正しいステップ

以上三つの別れの恐怖に苛まれている状態であっても、まだ遅くはないということを再確認しましょう。

そして、以上のような別れの恐怖に打ち勝つための方法として共通していえるのが、人の力を借りるという方法です。

自分で自分をコントロールできれば一番いいのですが、それもなかなか難しいですし自分で動くと判断を誤りやすくなり、復縁の可能性が驚くほど低くなってしまうため、自分以外の存在を頼ります。

しかし人の力を借りるとはいっても、誰かに相談するということではありません。

復縁に至るための道には、正しいステップがあります。そのステップに沿って、感情ではなくマニュアルに沿った行動を取るのです。

そうすることで、感情に左右されることなく、間違った選択をすることなく正しい道筋で復縁への可能性を最大限まで高めることができます。

 

頭をかきむしりたい、叫びだしたいほどの苦しみから逃れるためには、復縁を成し遂げるしかありません。

しかし冷静になってください。自己判断で動いて失敗する、悪い例にならないようにしてください。可能性は高ければ高いほどいいはずです。

では、そのより高い可能性で復縁に至ることができる方法を紹介していきます。

 

よりを戻すための最高の復縁方法

 

 - 別れの原因追及